待遇の改善を訴えてみる

IT職を辞めたいと思う時はどんな時だろうか。
多くの場合、待遇に納得がいかなかったり、労働時間が長すぎて自分の時間が確保できないという問題に悩まされた結果、辞めてしまおうと考えることが多いと思われる。
しかし、今すぐに仕事を辞めてしまう前に、自分の状況を変えられないかチャレンジしてからでも遅くはないはずだ。
いきなり辞めてしまうと、給与の問題や、また新しい職場を探さなければならないといった問題が発生してしまう。
そして仮に転職に成功したところで、そこの職場が似たようなものであれば、転職した意味がないだろう。
もちろん、IT職を辞めて新しい職場を探すことが、悪いわけではない。
ここで言いたいのは、仕事を辞める前に新しい職場を探しつつ、同時に自分の職場の状況や待遇を変えられないかと相談してみるべきだということだ。
もしも、自分の待遇に納得がいっていないのであれば、上司に相談してみると良いだろう。
今の自分のスキルに自信があれば、そのスキルの重要性を訴えかけてみるのも良い手段だ。
労働時間の方が問題であれば、駐在先であれ本社勤めであれ、これも上司に相談してみるべきだ。
もしも上司に相談できない、もしくは上司に問題がある場合は、同僚と一緒に訴えかけてみたり、さらに上司の上の人に相談してみるのも方法の一つである。
特に労働時間については、あまりに度が過ぎると違法にもなるので、その点についても話してみると良いだろう。
ここまでやっても変わらないのであれば、新しい職場を探し、辞めてしまうことも考えに入れておくべきだ。
一番大事なのは自分の身体であるため、それを崩してしまうと、新しい職場を見つけようにも動けなくなるため、そうなる前に行動を起こすべきだろう。

※他の選択肢も模索したいなら⇒IT業界を辞めたいと思ったら見るサイト